暴騰!マンガ『放牧大作戦』27倍の価格に

耕作放棄地解消!放牧大作戦―舌刈りで一石五鳥 山口県 (まんが 農業ビジネス列伝―食と農の未来を拓く挑戦者たち) (単行本)

牛の放牧のメリットをわかりやすく解説した『耕作放棄地解消!放牧大作戦―舌刈りで一石五鳥 山口県 (まんが 農業ビジネス列伝―食と農の未来を拓く挑戦者たち) (家の光協会)』が品切れとなり、Amazonで価格が暴騰している。360円の本が6,401円、新品同様のものは9,630円で、なんと27倍。
この本の監修をしたのは私。取材先や知人などに贈呈したものだが、現在は手元に2冊しかない。内容を評価してもらっているような複雑な気分である。数年前、ある国の機関の畜産担当者を放牧取材で訪ねたとき、担当者が「よくわかる本があるんですよ!」とこの本を差し出してきた。「あの~、これ監修したのは私なんですが…」。担当者の気まずそうな表情がおかしかった…。
増刷があれば元の値段になるだろうから、それを期待したい。家の光協会さん、よろしくお願いします。
来日するトランプ米大統領にもお見せしたい。北朝鮮問題が国家安全保障の問題なら、牛の放牧は国土を守り、食料安全保障を確かにできるものだからだ。

 

 

Follow me!