農林水産業や環境を中心に福祉、ジャーナリズムなど幅広い分野を取材&執筆しています。

月刊環境情報誌「グローバルネット」

一般財団法人地球・人間環境フォーラム

連載中「日本の沿岸を歩く 海幸と人と環境と」(2017年4月号から)

→「日本の沿岸を歩く 海幸と人と環境と」取材情報

これまでの記事
「日本の農業は生き残れるか 広島県からの報告」(2012年5月~2017年2月、58回連載)
「新時代の牛放牧で日本を救おう!」(2010年6月~隔月12回連載)

2010/06-2011/04「新時代の牛放牧で日本を救おう!『よろず効果』が創る持続可能な社会」隔月連載12回
2005/01日本環境ジャーナリストの会のページ「APFEJ会議参加報告」)
2003/08-10「カブトガニ絶滅の危機と自然保護」3回連載
その他、各種メディアに発表しています。

牛の放牧関連は→こちら

*牛を水田や耕作放棄地に放牧して、省力的な畜産と土地保全など一石数鳥の効果を持つ日本型放牧の取材を続けています。

Agrio 2014/09/02 迫る自由化の波 日本の畜産は工夫、努力で生き残れ
Agrio 2015/01/27長野県の放牧事例紹介

◎主な企画シリーズ◎

時事通信社デジタル農業情報誌Agrio

2016/03/15「広島県の農業を知るとカープを応援したくなる」
2016/05/31 JAグループ広島、営農指導員をパワーアップ
2014/12/09アグリ経営塾『熱い思いも工夫しなけりゃ届かない』広島県・藤本農園
2014/09/02トピックス『日本の畜産は工夫、努力で生き残れ』中山牧場
2015/01/27『全国に広がる牛の移動放牧』放棄地解消などメリット大~長野県南木曽町

時事通信『農林経済

時事通信「農林経済」執筆100  ⇒Wikipedia 吉田光宏にも収録

日本自然保護協会『自然保護』

2008/07-08「放牧で地域の農地と暮らしを守る」企業のCSR(社会的責任)特集で牛の放牧事例を紹介
2003/05-06「ドイツのハルツ国立公園にオオヤマネコ再導入」
2001/04「広島県に自然史博物館を」

地方からの発想@『厚生労働』

*厚生労働省広報誌『厚生労働』に掲載した元気な地方のトピックス

2012/02大分県姫島村 保健・医療・福祉セットで幸せの島
2011/11徳島県上勝町 葉っぱビジネスの町にI・Uターンの波
2011/09島根県川本町 過疎の商店街にネット古書店
2011/02広島市南区 園芸療法とIWAD環境福祉専門学校

EICネット生物多様性特集

2010 EICネット特集“生物多様性と現場をつなぐ8つの事例”*(財)環境情報普及センター

宍道湖のヨシ再生
塩塚高原二次自然の草原

日本農業新聞

2011/01/28「大地の絆通信」ファーマーズマーケット特集 JAおちいまばり「さいさいきて屋」
2006/10/03読書「農の扉の開け方」(宇根豊著)
2004/12/00読書「環境リスク学」(中西準子著)
2004/09/12読書「わら一本の革命」(福岡正信著)
2004/06/06読書「無登録農薬はなぜつかわれた」(河北新報社編集局編)
2004/04/18読書「宮本常一という世界」(佐田尾信作著)
2002/08/26「世界は今 タイの稲作とエビ養殖」
2001/10-11「馬のいる風景」(高知県東洋町、兵庫県八千代町)
2000/03/14,23企画広告「集落営農最前線」山口県菊川町と石川県川北町

中国新聞

2009/03/30企画特集「大学病院 全国の9割が漢方外来設置」*広島大学病院田妻進教授インタビュー分
2009/03/06広告特集「福祉従事者に広がる未来」広島国際大学取材
2008/01/01「中国新聞元旦企画LEADERS倶楽部新春トップインタビュー」(2012年まで)
2005/10/09企画広告「脱温暖化へ 主役は住民」*広島県内の先駆的な住民の脱温暖化活動を紹介
2006/02/16企画広告「変わる自然 動物との共生探れ」*京都議定書発効に合わせ野生生物との共存・共栄を探る事例紹介
2004/11/11広告「山口経済同友会 創立10周年特集」
2002/04/17特集「情熱のバトンリレー」

その他掲載

2017/01「農業に成功を得るには、まず数字あり」近藤農園(香川県)『AFCフォーラム』新規就農特集
2008/07/12「山口型放牧で農業&地域社会の復活を」(山口県環境教育学会誌『くらす』No.10)
2007/03/05「野草資源を活用する放牧PR大作戦を」(週刊農林<農林抄>
2006/10「大潮に産卵するカブトガニ」(独立行政法人科学技術振興機構Science Window
2006/04「ヨッシーのお米一話」(Science Window)ヨッシーが米の不思議を紹介
2006環境省WEBサイト「自然再生ネットワーク」椹野川河口域・干潟自然再生協議会の紹介
2006/07/10「カブトガニと椹野川河口干潟再生」(日本カブトガニを守る会『かぶとがに』No26)
2006/07/12生物多様性の世界 児童文学者那須正幹氏「自然と遊んだ体験が創作の源に」時事通信社『世界週報』
2005/10/20「『カブトガニブランド』で持続可能な漁業を」海洋政策研究財団Ship&Ocean
*「人と海洋の共生をめざして 150人のオピニオンⅢ」に再収録
2005/07/15「九州北部の漁業とカブトガニ」(日本カブトガニを守る会『かぶとがに』No25)
2004/04/29「グローバル・インテグリティ・レポート」 英文 (ICIJ=国際調査ジャーナリスト協会)
2003/11リレー随筆「情熱が環境保護の知識や技術を生かす 農林水産業の現場で『地上の星』を取材」グローバルテクノ『アイソムズ』2003/09/03「エコロジー 消えゆく生物 カブトガニ」読売新聞東京本社夕刊
2003/08「BOOK GUIDE」時事通信社『教員養成セミナー』レイチェル・カーソンなど紹介
2001/09「英国人捕虜に土下座謝罪する『国辱日本人女性』の正体」新潮45

中国新聞勤務時(1979-99)の主な記事

1999(平成11)年  しまなみ開通クイズ特集
尾道ベッチャー太鼓香港公演特集
1998(平成10)年  尾道100歳 正月特集
波高し しまなみ航路-再編計画の波紋(3回)
しまなみ航海者の系譜 (1998年 中国新聞・愛媛新聞共同企画)
10回連載のうち担当分
2回乱世をゆく …水軍の動向、戦況を左右 伝わる英雄、地域の誇り
4回内海の商人 …塩の輸送・流通一手に 瀬戸田船には関税免除
6回船造りの技 …瀬戸内全体をドックに 遣唐使以来の和船になう
8回海人と文化 …水軍の調練伝える踊り 名前かわれど島々に残る
10回海渡る情報 …島の隅々へ素早く伝達 収集力、現代に脈々と
1997(平成9)年  自治体ホームページ特集
インターネット交差点 (週1回シリーズ)
はるばる愛蘭土(アイルランド)(6回)(1997.04.14-19 中国新聞夕刊1面 )
<1> 初期キリスト教遺跡 十字架に ケルト模様
<2> 黄のカーペット 春運ぶスイセ ンの花
<3> グルメタウン 新鮮魚介で町お こし
<4> 緑とヒツジと 牧歌的 溶け合 う光景
<5> 古城の宴会 中世のもてなし再 現
<6> 雄弁伝説の壁石 高さ25メー トル恐怖のキス
フラワーフェスティバル特集
世界連帯都市アンケート(3回)
世界連帯都市会議特集
1996(平成8)年  アジア記者回顧特集
アジア記者の視点(3回)
中国地方発 ホームページ探訪(6回)
1995(平成7)年  アジア記者回顧特集
アジア記者の24日間(3回)
ひろしま男子駅伝 ふるさと応援歌(8回)
ひろしまフラワーフェスティバル 20歳の祭り
1994(平成6)年  米スタンフォード大キャンパス散歩(6回)
自然保護in USA カリフォルニアからの報告(1994.11.25 -30 6回 中国新聞朝刊)
<1> 市民の監視 ベ イキーパー 湾への不法投棄告発
<2> 運動の連携 シ スコ湾を救う会 失われた湿地回復へ
<3> 根強い伝統 シ エラ・クラブ 創設百年 運動の支柱
<4> 地域の活動 解 説センター 生態系学ぶ憩いの場
<5> ボランティア  アザラシ解説 地域社会へ積極参加
<6> 大学から サン クチュアリ 環境への目養う拠点
米国出会い発見 中年記者の留学記(1994.10.24-11.03 10回 中国新聞朝刊)
<1> 英語特訓プログラム 実戦に備え まず武装
<2> ナイトフェローシップ開講  談論風発 世界の記者
<3> 自由選択の一般科目 多彩で柔軟なテーマ
<4> フェローとの交友 主体的な生き方知る
<5> テキサスへの旅 知人訪ね  大自然横断
<6> 語学交換に挑戦 互いの母国語を学ぶ
<7> 子供の世界 言葉超え心通い合う
<8> ベビーシッター 育児の負担を減らす
<9> カリフォルニア米 大規模な栽培を取材
<10> 救われた秋吉台 一教授の貢献たどる
1993(平成5)年  シェナンドア新体験 米国の環境ボランティア(3回)
(1993.10.21-23 中国新聞朝刊7面)
<上> アースウォッチ  地球守る研究支援 参加者の職業もさまざま
<中> 森林生態系を調査  専門的な知識はなくとも
<下> 寝食を共にして  国籍超え対話存分 奉仕者育てる「土壌」痛感
1985(昭和60)年  秋吉台巨大観音像キャンペーン
揺れる秋吉台 観音像論議の中で(5回)
1984(昭和59)年  山口のヒロシマ
1983(昭和58)年  サラ金事件簿 弁護士の見た現実から(5回)
新ふるさと紀行「カルストの神秘」(50回)
新ふるさと紀行「秋吉台を見つめて」(13回)
1982(昭和57)年  覚せい剤女教師 転落の軌跡(3回)
治安の系譜 山口県警の歴史から(31回)
断て! 白い粉の魔力-山口刑務所の覚せい剤受刑者指導(5回)
1981(昭和56)年  覚せい剤密売グループの崩壊(3回)
1980(昭和55)年  新ふるさと紀行「歴史の道」萩往還(34回)

 

*雑誌掲載分の一覧は国立国会図書館のデータベースの「雑誌記事索引の検索/申込み」でも見ることができます。複写サービス(郵送)あり。

取材&執筆