海洋国家・日本の海のふちには情報があふれている

宇和島遊子水荷浦の段畑

宇和島遊子水荷浦の段畑

「日本の沿岸を歩く 海幸と人と環境と」は一般財団法人「地球・人間環境フォーラム」の月刊環境情報誌「グローバルネット」に連載中。2017年4月号から連載を始め、これまでに全国各地を取材している。

スタート時のコンセプトは
「全国の沿岸を訪ねて、水産漁業を軸にして海の恵みに生きる人々の姿や地域の課題などを紹介する。人々の生業を軸に、社会的、歴史的な背景なども加える」としており、漁業、水産業、海の環境などへの関心を持っていただくことを目指しております。ニュース性、話題性のあるものを意識してルポするスタイル。
連載の情報は⇒こちら

取材先の行政担当者に情報提供してもらい、現地では漁協、行政、各種団体などで取材に応じてもらえる適切な人にインタビューしている。記事化の段階で関連情報の収集、追加取材などをして記事に組み立てている。

掲載ページはA4で2ページ。文字数は約2,700字。毎回のタイトルに加えて、四つのキーワード、写真3枚を使っている。

 各号には記事に関連した、あるいは連想される音楽を紹介している
 →沿岸を歩く…いい曲と一緒に